一刀両断(いっとうりょうだん)

「一刀両断」の意味

一刀両断

読み:いっとうりょうだん

意味:物事を思い切って処理すること

「一刀」は、一太刀(ひとたち)、刀で一度切ること。

「両断」は、左右真っ二つに切ること。

「一刀両断」で、一太刀で真っ二つに切るという意味になります。

そこから、なかなか進まなかった物事を思い切って処理してしまうこと、あるいは、解決できなかった問題に対してすみやかに的確な判断を下すことを表します。

「一刀両断」の使い方

(例)新任の社長は、無駄な経費の削減を一刀両断に進めた。

物事を思い切って処理するさまを表すときに用います。