四字熟語

四字熟語

自給自足(じきゅうじそく)

「自給自足」の意味 自給自足 読み:じきゅうじそく 意味:自分が必要な物を自分で作ってまかなうこと 「自給」は、必要な物を自分の力で作り出す(供給する)こと。 「自足」は、自分で必要を満たす(満足させる)こと...
四字熟語

三拝九拝(さんぱいきゅうはい)

「三拝九拝」の意味 三拝九拝 読み:さんぱいきゅうはい 意味:何度も頭を下げること 「拝」は、礼拝する、拝(おが)むこと。 何度も拝むように頭を下げて(お辞儀して)敬意を表したり、人に頼みごとをしたりすること...
四字熟語

三寒四温(さんかんしおん)

「三寒四温」の意味 三寒四温 読み:さんかんしおん 意味:三日ほど寒い日が続いたあと、四日ほど暖かい日が続くという冬の気象現象 もとは、中国北東部や朝鮮半島で見られる冬季の気象現象を指すことばです。 三日間く...
四字熟語

再三再四(さいさんさいし)

「再三再四」の意味 再三再四 読み:さいさんさいし 意味:たびたび、しばしば 「再三」は、二度も三度も、度々(たびたび)という意味。 「再四」は、「再三」を受けてそれを強調する語。 つまり、「再三再四」...
四字熟語

言語道断(ごんごどうだん)

「言語道断」の意味 言語道断 読み:ごんごどうだん 意味:とんでもないこと、もってのほか 「言語」は、ことば。 「道」は、ここでは「言う」という意味であり、「道断」で言うことを断たれる、言い表せないという意味...
四字熟語

小春日和(こはるびより)

「小春日和」の意味 小春日和 読み:こはるびより 意味:初冬のころの晴れて暖かい日 「小春」は、陰暦10月のことで、現在の11月から12月ごろ。 「日和」は、ここでは晴れた天気のこと。 つまり、「小春日...
四字熟語

刻苦勉励(こっくべんれい)

「刻苦勉励」の意味 刻苦勉励 読み:こっくべんれい 意味:仕事や勉強で大変な努力をすること 「刻苦」は、自分を苦しめるような努力をすること。 「勉励」は、つとめはげむこと。 つまり、大変な苦労を重ねなが...
四字熟語

古今東西(ここんとうざい)

「古今東西」の意味 古今東西 読み:ここんとうざい 意味:昔から今までの世界のいたるところ 「古今」は昔から今まで、「東西」は東洋と西洋の意味。 つまり、昔から今までの時代の世界中のいたる地域という意味を表し...
四字熟語

孤軍奮闘(こぐんふんとう)

「孤軍奮闘」の意味 孤軍奮闘 読み:こぐんふんとう 意味:ただ一人でがんばること 「孤軍」は、援軍がなく孤立した小規模の部隊。 「奮闘」は、力いっぱい戦うこと。 つまり、「孤軍奮闘」で、味方の助けがなく...
四字熟語

呉越同舟(ごえつどうしゅう)

「呉越同舟」の意味 呉越同舟 読み:ごえつどうしゅう 意味:仲の悪い者同士がおなじ場所にいること 「呉」と「越」は、どちらも古代中国にあった国の名前で、お互いに敵国。 「同舟」は、同じ船に居合わせること。 ...
タイトルとURLをコピーしました