紛らわしい語異字同訓

「請う」と「乞う」の意味の違い

【請う】事務的に求める

【乞う】切実に求める、お願いする

「請う」も「乞う」も、ともに「こう」と読む異字同訓の語です。

どちらも、「そうするように相手に求める」という意 ...

四字熟語

「共存共栄」の意味

共存共栄

読み:きょうそんきょうえい

意味:ともに生きてともに栄えること

「共存」は、二つ以上のものが同じ場所に存在すること。

「共栄」は、ともに栄えること。

紛らわしい語異字同訓

「思う」と「想う」の意味の違い

【思う】考えたり感じたりする

【想う】心に浮かべる、心がひかれる

「思う」と「想う」とは、どちらも「おもう」と読む異字同訓の語です。

一般には、「思う」を用いますが、情 ...

四字熟語

「九死一生」の意味

九死一生

読み:きゅうしいっしょう

意味:ほぼ助からない危険な状態から、かろうじて助かること

「九死」は、十のうち九までは死ぬであろうほど危ない状態を意味します。

その ...

四字熟語

「牛飲馬食」の意味

牛飲馬食

読み:ぎゅういんばしょく

意味:たくさん飲み食いすること

「牛」のように「飲」んで、「馬」のように「食」べるという意味。

つまり、人がたくさん飲んだり食べたり ...

四字熟語

「喜怒哀楽」の意味

喜怒哀楽

読み:きどあいらく

意味:人間のもつさまざまな感情

この熟語のそれぞれの字が、喜び、怒り、悲しみ、楽しみという感情を表しています。(「哀」は、かなしむ、あわれむという意味 ...

四字熟語

「阿鼻叫喚」の意味

阿鼻叫喚

読み:あびきょうかん

意味:大勢の人が苦しみさけぶこと

仏教の八大地獄である「阿鼻地獄(無間地獄)」と「叫喚地獄」のこと。

前者は絶え間なく苦しみ続けて、後者 ...

四字熟語

「奇想天外」の意味

奇想天外

読み:きそうてんがい

意味:発想などが非常に奇抜であるさま

「奇想、天外より来る(落つ)」を略した語です。

「奇想」は、思いもよらない考え、奇抜な発想という意 ...

四字熟語

「疑心暗鬼」の意味

疑心暗鬼

読み:ぎしんあんき

意味:一度疑いだすと何もかも信じられなくなること

もとは「疑心、暗鬼を生ず」で、これを略した語。

「疑心」は、疑う心という意味。

四字熟語

「得意満面」の意味

得意満面

読み:とくいまんめん

意味:得意さが顔中に表れていること

「得意」は、ここでは、望み通りになって満足している、または、誇らしげなようす。

「満面」は、顔いっぱ ...