「目が無い」の意味 目が無い(めがない)は、とても好きである、という意味の慣用句です。 何 ...

「鼻であしらう」の意味 鼻であしらう(はなであしらう)は、相手を見下した冷淡な態度をとる、 ...

「木で鼻を括る」の意味 木で鼻を括る(きではなをくくる)は、無愛想な態度をとる、という意味 ...

「足を洗う」の意味 足を洗う(あしをあらう)は、よくない行い・仕事をやめる、という意味の慣 ...

「顔に泥を塗る」の意味 顔に泥を塗る(かおにどろをぬる)は、恥をかかせて面目を失わせる、と ...

「顔から火が出る」の意味 顔から火が出る(かおからひがでる)は、恥ずかしくて顔が真っ赤にな ...

「腹を括る」の意味 腹を括る(はらをくくる)は、覚悟を決める、という意味の慣用句です。 「 ...

「腹を決める」の意味 腹を決める(はらをきめる)は、決心する、という意味の慣用句です。 「 ...

「兜を脱ぐ」の意味 兜を脱ぐ(かぶとをぬぐ)は、降参する、という意味の慣用句です。 昔、武 ...

「匙を投げる」の意味 匙を投げる(さじをなげる)は、物事をあきらめる、という意味の慣用句で ...