「耳を疑う」の意味 耳を疑う(みみをうたがう)は、話が信じられない、という意味の慣用句です ...

「水に流す」の意味 水に流す(みずにながす)は、過去のいざこざを無かったことにする、という ...

「目の中に入れても痛くない」の意味 目の中に入れても痛くない(めのなかにいれてもいたくない ...

「手を焼く」の意味 手を焼く(てをやく)は、もてあます・てこずる、という意味の慣用句です。 ...

「一矢を報いる」の意味 一矢を報いる(いっしをむくいる)は、わずかながら反撃・反論する、と ...

「角が立つ」の意味 角が立つ(かどがたつ)は、人間関係が険悪になる、という意味の慣用句です ...

「骨を惜しむ」の意味 骨を惜しむ(ほねをおしむ)は、苦労をいやがって怠ける、という意味の慣 ...

「骨が折れる」の意味 骨が折れる(ほねがおれる)は、苦労する・面倒だ、という意味の慣用句で ...

「骨を折る」の意味 骨を折る(ほねをおる)は、苦労する・力を尽くす、という意味の慣用句です ...

「指をくわえる」の意味 指をくわえる(ゆびをくわえる)は、うらやましけれど手を出せない、と ...