no image

「所用」と「所要」の違い

2019/01/03   -紛らわしい語
 

「所用」と「所要」の意味の違い 【所用】用事 【所要】必要とすること 「所用」も「所要」も、どちらもショヨウと読む同音異義語です。 「所用」は、用事・用件の意味をあらわします。誰かが用いることという意 …

no image

「耐える」と「堪える」の使い分け

「耐える」と「堪える」の意味の違い 【耐える】我慢する、持ちこたえる 【堪える】対処できる、値する 「耐える」も「堪える」も、どちらもタエルと読む異字同訓の語です。 「耐える」は、辛さ・苦しみを我慢す …

no image

「既成」と「既製」の違い

2019/01/02   -紛らわしい語
 

「既成」と「既製」の意味の違い 【既成】事柄がすでに存在している 【既製】品物がすでに仕上がっている 「既成」と「既製」は、ともにキセイと読む同音異義語です。 「既成」は、事柄がすでに出来上がっていて …

no image

「保障」「保証」「補償」の違い

2018/12/31   -紛らわしい語
 

「保障」「保証」「補償」の意味の違い 【保障】侵害から守る 【保証】確かだと請け合う 【補償】損害をつぐなう 「保障」「保証」「補償」は、いずれもホショウと読む同音異義語です。 「保障」は、権利や自由 …

no image

「作成」と「作製」の違い

2018/12/31   -紛らわしい語
 

「作成」と「作製」の意味の違い 【作成】内容を考えてつくる 【作製】道具や機械を用いてつくる 「作成」と「作製」は、どちらもサクセイと読む同音異義語です。 「作成」は、書類や文章、計画などの内容を考え …

no image

「製作」と「制作」の違い

2018/12/30   -紛らわしい語
 

「製作」と「制作」の意味の違い 【製作】実用的なものをつくる 【制作】芸術的なものをつくる 「製作」と「制作」は、どちらもセイサクと読む同音異義語です。 「製作」は、道具や機械をつかって実用的な物・工 …

no image

「収まる」「納まる」「治まる」「修まる」の違い

2018/12/30   -紛らわしい語
 

「収まる」「納まる」「治まる」「修まる」の意味の違い 【収まる】きちんと入る、元どおり安定する 【納まる】金品が受け取られる、落ち着く 【治まる】平穏になる、よくなる 【修まる】態度・行いがよくなる …

no image

「収める」「納める」「治める」「修める」の違い

2018/12/29   -紛らわしい語
 

「収める」「納める」「治める」「修める」の意味の違い 【収める】好ましい結果を手に入れる 【納める】しかるべきところに入れる 【治める】混乱が起こらないようにする 【修める】自分を高める努力をする 「 …

no image

「対象」「対称」「対照」の違い

2018/12/29   -紛らわしい語
 

「対象」「対称」「対照」の意味の違い 【対象】目標となるもの、相手 【対称】対応しあってつりあう 【対照】比べあわせる 「対象」「対称」「対照」は、いずれもタイショウと読む同音異義語です。 「対象」は …

no image

「更生」と「更正」の違い

2018/12/27   -紛らわしい語
 

「更生」と「更正」の意味の違い 【更生】立ち直る 【更正】誤りを正す 「更生」と「更正」は、どちらもコウセイと読む同音異義語です。 「更生」は、本来は生きかえる、よみがえるという意味で、蘇生(そせい) …