「胡坐をかく」の意味 胡坐をかく(あぐらをかく)は、すっかり安心して努力を怠る、という意味 ...

「名を残す」の意味 名を残す(なをのこす)は、名声を後世までとどめる、という意味の慣用句で ...

「幅が利く」の意味 幅が利く(ははがきく)は、勢力や発言力がある、という意味の慣用句です。 ...

「幅を利かせる」の意味 幅を利かせる(はばをきかせる)は、威勢をふるう、という意味の慣用句 ...

「花を持たせる」の意味 花を持たせる(はなをもたせる)は、相手に手柄を譲る、という意味の慣 ...

「根も葉も無い」の意味 根も葉も無い(ねもはもない)は、なんの根拠もない、という意味の慣用 ...

「漁師」と「猟師」の意味の違い 【漁師】猟をして生活する人 【猟師】狩猟をして生活する人 ...

「手を付ける」の意味 手を付ける(てをつける)は、次のような意味の慣用句です。 ①ある物事 ...

「途方に暮れる」の意味 途方に暮れる(とほうにくれる)は、どうしていいかわからずに困る、と ...

「飛ぶ鳥を落とす勢い」の意味 飛ぶ鳥を落とす勢い(とぶとりをおとすいきおい)は、勢いがとて ...