慣用句

「胡坐をかく」の意味

胡坐をかく(あぐらをかく)は、すっかり安心して努力を怠る、という意味の慣用句です。

足を前に組んで楽に座る姿勢をとることから、自分の置かれた優位な状況にすっかり安心していい気になり、なすべき努力や改善を ...

慣用句

「名を残す」の意味

名を残す(なをのこす)は、名声を後世までとどめる、という意味の慣用句です。

その分野で偉大な功績を挙げた人の名声・評判が後世にまで伝えられることを表します。

「名を残す」の使用例

・「世界記録を ...

慣用句

「幅が利く」の意味

幅が利く(ははがきく)は、勢力や発言力がある、という意味の慣用句です。

「幅」は、自由にできる余地という意味。

その分野での実力があり、勢力を振るったり発言力が大きかったりすることを表します。 ...

慣用句

「幅を利かせる」の意味

幅を利かせる(はばをきかせる)は、威勢をふるう、という意味の慣用句です。

「幅」は、自由にできる余地ということで、ここでは威勢を意味します。

自分を大きく見せようとして威勢をふるう・威張る ...

慣用句

「花を持たせる」の意味

花を持たせる(はなをもたせる)は、相手に手柄を譲る、という意味の慣用句です。

「花」は、誰もが持っていたいと思うもののことで、手柄や勝利、栄誉などを指します。

本来ならば自分の手中に収める ...

慣用句

「根も葉も無い」の意味

根も葉も無い(ねもはもない)は、なんの根拠もない、という意味の慣用句です。

「根」を物事の原因、「葉」をその結果に見立てて、そもそもの原因がないので当然その結果もない、つまり、なんの根拠もないでたらめ ...

慣用句

「漁師」と「猟師」の意味の違い

【漁師】猟をして生活する人

【猟師】狩猟をして生活する人

「漁師」と「猟師」は、ともにリョウシと読む同音異義語です。

「漁師」は、漁、すなわち、魚や貝などをとることを生 ...

慣用句

「手を付ける」の意味

手を付ける(てをつける)は、次のような意味の慣用句です。

①ある物事に取り掛かる、着手する。

②金を使う、使い込む。とくに本来は使ってはならない金を使うこと。

③料理を食べ始める ...

慣用句

「途方に暮れる」の意味

途方に暮れる(とほうにくれる)は、どうしていいかわからずに困る、という意味の慣用句です。

「途方」は進むべき方向という意味で、「暮れる」は時間が過ぎていくという意味です。

解決するためによ ...

慣用句

「飛ぶ鳥を落とす勢い」の意味

飛ぶ鳥を落とす勢い(とぶとりをおとすいきおい)は、勢いがとても盛んである、という意味の慣用句です。

空を飛んでいる鳥を圧倒して落とすくらいに、勢いが盛んであることを表しています。

「 ...