慣用句

「首を捻る」の意味

首を捻る(くびをひねる)は、考え込む、また、疑問に思う、という意味の慣用句です。

不思議なことや理解できないことに考えをめぐらしたり疑問に思ったりするときに使います。

「首を捻る」の使用例

・「 ...

慣用句

「手を抜く」の意味

手を抜く(てをぬく)は、必要なことを省いていいかげんに行う、という意味の慣用句です。

行わなければならない手順や、使わなければならない材料を省くなどして、物事をいい加減に行うときに使います。

...

慣用句

「手に汗を握る」の意味

手に汗を握る(てにあせをにぎる)は、どうなることかとはらはらする、という意味の慣用句です。

何かを心配して緊張すると、握りしめた手のひらに汗をかきます。

そこから、何かの成り行きを見守って ...

慣用句

「口が滑る」の意味

口が滑る(くちがすべる)は、余計なことをうっかり言ってしまう、という意味の慣用句です。

「口」は、言うこと、ことばという意味。「滑る」は、その位置に留まることができないという意味です。

言って ...

慣用句

「嘴を容れる」の意味

嘴を容れる(くちばしをいれる)は、他人の事に干渉する、という意味の慣用句です。

自分とは関係がない他人の話に割り込んだり、他人の行動にいろいろと口出しをしたりするときに使われます。

「嘴を入 ...

慣用句

「横槍を入れる」の意味

横槍を入れる(よこやりをいれる)は、横から口出しをする、という意味の慣用句です。

「横槍」は、合戦で敵の側面に別の隊が槍でつっかかることを意味します。

そこから、他人の事に第三者が口を出し ...

慣用句

「槍玉に挙げる」の意味

槍玉に挙げる(やりだまにあげる)は、非難の対象に取りあげる、という意味の慣用句です。

「槍玉」は、槍を手玉のように自在に扱うことを意味します。

多くの中から一人または一つを選んで、非難・攻 ...

慣用句

「渡りに舟」の意味

渡りに舟(わたりにふね)は、ちょうど都合のよいことが起こる、という意味の慣用句です。

川を渡りたいと思っているときにちょうど舟が来る。つまり、何かをしたいと思っているときに、ちょうどそれに都合のよいことが ...

慣用句

「玉に瑕」の意味

玉に瑕(たまにきず)は、ほかは立派だがわずかに欠点がある、という意味の慣用句です。

「玉」は宝玉のことで、立派なもの、完璧なもののたとえ。

それに「瑕(きず)」があるということで、ほとんど立派な ...

慣用句

「黒白を争う」の意味

黒白を争う(こくびゃくをあらそう)は、物事の善し悪しをはっきりさせる、という意味の慣用句です。

「黒白」は、囲碁の黒石と白石のこと。物事の善悪や正邪をはっきりさせることを、囲碁の争いにたとえた慣用句です ...