紛らわしい語異字同訓

「刷る」「摺る」の意味の違い

【刷る】印刷する

【摺る】(手で)印刷する、軽くこする

「刷る」と「摺る」は、どちらも「する」と読む異字同訓の語です。

「刷る」は、印刷することを広く意味します。そこから ...

紛らわしい語異字同訓

「住む」と「棲む」の意味の違い

【住む】人間がそこで暮らす

【棲む】動物がそこで生息する

「住む」と「棲む」は、ともに「すむ」と読む異字同訓の語です。

「住む」は、人間がある場所で生活するという意味で ...

紛らわしい語異字同訓

「静まる」と「鎮まる」の意味の違い

【静まる】静かになる、心が落ち着く

【鎮まる】混乱・痛みなどが落ち着く

「静まる」も「鎮まる」も、ともに「しずまる」と読む異字同訓の語です。

「静まる」は、動きがな ...

紛らわしい語異字同訓

「炭」と「墨」の意味の違い

【炭】木などが燃焼してできた物

【墨】煤(すす)からつくる塗料

「炭」と「墨」とは、どちらも「すみ」と読む異字同訓の語です。

「炭」は、木材・竹材を蒸し焼きにして炭化させた ...

紛らわしい語異字同訓

「静める」「鎮める」「沈める」の意味の違い

【静める】静かにさせる、心を落ち着かせる

【鎮める】混乱・痛みを落ち着かせる

【沈める】水没させる

「静める」「鎮める」「沈める」は、いずれも「しずめる」と ...

紛らわしい語異字同訓

「無い」と「亡い」の意味の違い

【無い】存在・動作を打ち消す

【亡い】死んでこの世にいない

「無い」と「亡い」は、ともに「ない」と読む異字同訓の語です。

「無い」は、「~がない」「~しない」というよう ...

紛らわしい語異字同訓

「捕らえる」と「捉える」の意味の違い

【捕らえる】取り押さえて逃がさない

【捉える】握って放さない、理解する

「捕らえる」と「捉える」は、ともに「とらえる」と読む異字同訓の語です。

「捕らえる」は、人 ...

紛らわしい語異字同訓

「後」「跡」「痕」の意味の違い

【後】順序が遅い、背中の向く方

【跡】通り過ぎた・存在した印

【痕】皮膚に残る印

「後」「跡」「痕」は、いずれも「あと」と読む異字同訓の語です。

「後」は、 ...

紛らわしい語異字同訓

「怪しい」と「妖しい」の意味の違い

【怪しい】疑わしい

【妖しい】神秘的な魅力がある

「怪しい」も「妖しい」も、ともに「あやしい」と読む異字同訓の語です。

「あやしい」ということばは、基本的な意味とし ...

紛らわしい語異字同訓

「当てる」「充てる」「宛てる」の意味の違い

【当てる】触れさせる、的中させる、対応させる

【充てる】ある目的に振り向ける

【宛てる】届け先とする

「当てる」「充てる」「宛てる」は、いずれもアテルと読む ...