異字同訓

紛らわしい語

「合わせる」と「併せる」の違い

「合わせる」と「併せる」の違い 【合わせる】一致させる、一つにする 【併せる】別々のものを一緒に行う 「合わせる」と「併せる」は、ともに「あわせる」と読む異字同訓の語です。 「合わせる」は、物と物とを一致・調和させ...
紛らわしい語

「香り/香る」と「薫り/薫る」の違い

「香り/香る」と「薫り/薫る」の意味の違い 【香り/香る】よいにおい(がする) 【薫り/薫る】それらしい趣(がある) 「香り/香る」と「薫り/薫る」は、ともに「かおり/かおる」と読む異字同訓の語です。 「香り/香る...
紛らわしい語

「慎む」と「謹む」の違い

「慎む」と「謹む」の意味の違い 【慎む】行き過ぎないように心がける 【謹む】相手に対して敬意を表す 「慎む」と「謹む」は、ともに「つつしむ」と読む異字同訓の語です。 「慎む」は、行き過ぎた言動をして失敗することのな...
紛らわしい語

「恐れる」と「畏れる」の違い

「恐れる」と「畏れる」の意味の違い 【恐れる】危険から逃げたいと思う、不安を感じる 【畏れる】圧倒的な存在に対してつつしんだ態度になる 「恐れる」と「畏れる」は、どちらも「おそれる」と読む異字同訓の語です。 「恐れ...
紛らわしい語

「指す」「刺す」「挿す」「差す」の違い

「指す」「刺す」「挿す」「差す」の意味の違い 【指す】位置や方向を示す 【刺す】尖った物で突き通す、刺激を与える 【挿す】細長い物を中に入れる 【差す】かざす・身につける、現れる、生じる 「指す」「刺す」「挿...
紛らわしい語

「花」と「華」の違い

「花」と「華」の意味の違い 【花】植物のハナ、見栄えするもの 【華】きらびやかで人目をひくこと・もの 「花」と「華」は、ともに「はな」と読む異字同訓の語です。 「花」は、植物が咲かせるハナを意味します(古くはウメ、...
紛らわしい語

「満たす/満ちる」と「充たす/充ちる」の違い

「満たす/満ちる」と「充たす/充ちる」の意味の違い 【満たす/満ちる】いっぱいにする 【充たす/充ちる】十分に与える 「満たす/満ちる」と「充たす/充ちる」は、ともに「みたす/みちる」と読む異字同訓の語です。 「満...
紛らわしい語

「惨い」と「酷い」の違い

「惨い」と「酷い」の意味の違い 【惨い】非常に痛ましい 【酷い】相手の苦しみを気にしない 「惨い」と「酷い」は、ともに「むごい」と読む異字同訓の語です。 「惨い」は、あまりにもひどくて見るにたえないほど痛ましい、か...
紛らわしい語

「煩う」と「患う」の違い

「煩う」と「患う」の意味の違い 【煩う】悩み苦しむ 【患う】病気になる 「煩う」と「患う」は、ともに「わずらう」と読む異字同訓の語です。 「煩う」は、心の中で悩んだり苦しんだりすることを意味します。 「患う」...
紛らわしい語

「他」と「外」の違い

「他」と「外」の意味の違い 【他】それとは別のもの 【外】ある範囲から出たところ 「他」と「外」は、ともに「ほか」と読む異字同訓の語です。 「他」は、それとは別のもの・ところという意味です。具体的に異なったなにかを...
タイトルとURLをコピーしました